ミノキシジルで補強しプロペシアで攻める!薄毛対策の技

薄毛に有効な2つの成分

男性にようみられる症状の1つである、AGAとは頭頂部や額の生え際などが後退したり薄くなってしまう症状で、特徴としては年齢や健康状態には関係がなく、脱毛症の症状が進行してしまうことです。

AGAの原因には男性ホルモンの働きが大きいと考えられており、あるホルモンが毛根の中心にある毛乳頭の細胞内に結びつくことで毛髪の生え変わりの時期が乱されてしまい、十分な長さに成長しなかったり、抜け落ちた毛根から再び髪が生えなくなってしまう症状を起こします。

そのホルモンがDHTと呼ばれるホルモンでもとの姿はテストステロンであり、5aリダクターゼという変換ホルモンの働きによって変換されてできた男性ホルモンです。
5aリダクターゼが根本の原因となり、この酵素の働きを阻害できる薬がプロペシアという治療薬です。
プロペシアは5aリダクターゼの働きを抑えることでDHTが作られるのを防ぎ、抜け毛や薄毛の進行を抑えてくれます。
これだけでは進行を止めたに過ぎないので育毛効果のあるミノキシジルという薄毛治療に有効な成分を使用する必要があります。

ミノキシジルとは、血管を拡張する薬のために開発された成分となり、使用している人から副作用として多毛症の症状が見られたため頭皮に使用してみた所、育毛効果があるとわかり、AGAの治療薬の成分に転用されました。
この成分が配合されているのが、育毛剤であるリアップやアメリカで30年以上の販売実績があるロゲインなどがあります。
頭皮に直に塗布することで、頭皮内の血流を良くし頭皮が栄養を摂取することが出来るようになります。

この作用によって髪の成長を促進することができ、育毛効果を得ることができます。
この成分とプロペシアを同時に使用することで、脱毛の症状の進行を止め、新たに髪を成長させることができるようになります。
半年から1年以上の使用が必要となりますが、多くの使用者が効果を実感できているのでAGAに悩んでいる方や薄毛治療対策をしているがなかなか良い結果が伴わない方などは試してみてください。

about

薄毛対策に有効なミノキシジル。プロペシアとの併用でその効果は絶大に。筆者の体験談を含めて詳しく解説したいと思います。
男性型脱毛症に悩む全ての男性へ捧げます。