薄毛治療薬は効果なものが多いですが、ジェネリック医薬品を使うことで節約できます。

ジェネリック医薬品で節約しましょう。
財布と小銭

ミノキシジルとは、もともと薄毛治療が目的で開発された成分ではなく、違う病の治療のために開発された成分です。
高血圧の方のための血管拡張剤として開発されたものでしたが、男性型脱毛症の症状である脱毛を改善できることが発見され薄毛治療の治療薬として用いられるようになりました。
ミノキシジルが配合されている医薬品には外用薬と内服薬の2種類があり、どちらか一方あるいは両方とも使用することも効果的と言われています。
1999年に日本でも厚生労働省より認可を受け医薬品が開発されましたが日本国内で認められている配合量は最大で5パーセントまでであり、大正製薬が販売しているリアップのみが医薬品の認可を受けています。
リアップには1パーセント配合のものと5パーセント配合の2種類の製品があります。
ドラッグストアでも簡単に購入することができます。
他の国では、アメリカなどはポラリスシリーズがあり、成分の配合が5パーセントから最大で16パーセント配合されているものがあり、5種類の製品から選ぶ事ができるようになっています。
配合量が増えことで、ベトつきやすくなり、ワックスやジェルを付けたような状態になります。
またポラリスシリーズはポラリススメルという独特な匂いがあり、使用場所には注意が必要です。
頭皮に直接塗布するタイプの薬なので、副作用も殆どなく安全に使用することが出来ますが、頭皮に合わず痒みなどの症状が出るようであれば、使用を中止して下さい。
こちらも日本では認可されていませんが、ジェネリック医薬品には飲み薬もあり、ミノタブと呼ばれる内服薬も存在し、塗り薬では効果を得ることが出来なかった方などにお勧めです。
ジェネリック医薬品のため安く購入できるのも、服用を続ける場合にはコストカットになります。
薄毛あるいは抜け毛に悩む方は国内だけでも1000万人を超えており、何らかの対策を行っている方もいます。
少ない人数ですが、女性も閉経後にAGAの症状が現れることがあり、男性と違い、全体的に頭皮が薄くなってしまいます。
薄毛治療を行わなければ、男女ともにAGAは進行するので早期の対策が必要です。

薄毛の治療薬を購入