ミノキシジルには内服薬と外用薬があり頭皮全体の薄毛で悩んでいる人には内服薬がお勧めです。

ミノキシジルは飲むタイプと塗るタイプがあります。
髪を気にする男性

髪が薄くて悩みを抱えている男性は特に中高年層の男性には多いはずです。
そんな気になる薄毛を解消できてしまうミノキシジル含有の薄毛治療薬である内服薬と外用薬を紹介します。
毎日使い続けることで薄毛の解消できるかもしれませんよ。
どちらも作用は同じですがそれぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合ったものを使用する事をオススメします。

内服薬

ミノキシジル

ミノキシジルを錠剤に含有することで頭皮の全体に作用させることができる通称、ミノタブと呼ばれる薬です。
1日1錠を水と一緒に服用することで効果を発揮してくれます。
・作用
血管の拡張作用があるので頭皮の下を走る血管を拡げることができます。
血液は髪が成長に必要な栄養素を運んでくれる働きを持っているので拡がることで多くの栄養を供給できる様になります。
それによって毛乳頭細胞が栄養が運ばれたことに反応して毛母細胞の分裂を促してくれるのでそれぞれの細胞が活性化し髪の成長を促進させてくれます。
・副作用
まず、多毛症があげられます。
内服薬は頭皮以外にも作用してしまう事から腕や足の毛が濃くなると言われています。
また、血行が促進されるので血圧が低下するので低血圧を起こすこともあります。
他にも頭痛や頭皮内が活性化することで痒みをおこす事があります。

外用薬

リアップ

外用薬としてはドラッグストアなどで販売されているリアップシリーズが有名です。
これには、ミノキシジルが1%と5%とのものが有ります。
はじめて使う方は1%からがオススメです。
液剤になっているので頭皮に直接塗り込むことで効果を発揮させることができます。
作用はミノタブと変わりませんが液剤な分、全体には効果がなく頭頂部のみになり前頭部や生え際などには液だれを起こしてしまうので十分に成分が頭皮へ浸透させる事が難しいです。
ですが、からだの内側から作用させる訳ではないので副作用は起こしにくいというメリットがあります。

副作用


頭皮に合わない場合には、
・痒み
・発赤
・気触れ
などを起こします。
また、内服薬は海外医薬品となるので海外通販などを利用して注文しなければなりませんが、リアップは市販薬なので購入も容易にできます。
どちらも速効性は有りませんが、半年から1年の使用で育毛効果を期待する事ができます。
頭皮全体の薄毛に悩む方は内服薬を、頭頂部のみの薄毛が気になるのであれば外用薬がオススメです。

ミノキシジルタブレット(ノキシジル)
ミノキシジルタブレット(ノキシジル)
血行を促進して髪の毛をフサフサに!
ミノキシジルを主成分とした育毛剤「ロニテン」のジェネリック医薬品です。塗布タイプの育毛剤と違って、服用するだけで体の内部から作用してくれるので、手間が省けるうえに効果を確実に得られます。
⇒ミノキシジルの詳細はこちら
ミノキシジルタブレットを購入
価格
一錠28円~
内容量
100錠~300錠
有効成分
ミノキシジル5mg/10mg
使用方法
1日2回、5mgを食前または食後にお飲みください。
ツゲイン(ロゲイン)
ツゲイン(ロゲイン)
直接頭皮を刺激することで発毛を促進
シプラ社によって開発された塗るタイプの育毛剤です。有効成分にミノキシジルを含んでいてアメリカで販売されているロゲインという商品のジェネリック医薬品です。日本ではリアップという名前で販売されていますがツゲインの2倍以上の値段となっていて高額なためなかなか手を出せない人も多いです。
ツゲインを購入
価格
一本2026円~
内容量
60ml
有効成分
ミノキシジル2%/5%/10%
使用方法
朝晩の二回頭皮に塗布してください。(12時間あけて下さい)
ロゲイン(女性用)
ロゲイン(女性用)
女性用初のミノキシジル配合育毛剤
本来ミノキシジルは強力なため女性には使用されない成分ですが、女性のために含有率を調整したのがこの女性用ツゲインです。男性用よりも低い濃度ですが、女性であれば十分な効果を得ることができます。
女性用ロゲインを購入
価格
3850円~
内容量
60ml
有効成分
ミノキシジル2%
使用方法
朝晩の二回頭皮に塗布してください。(12時間あけて下さい)
ミノキシジルを購入